老齢年金請求書(事前送付用)の書き方⑦

 

公的年金等の受給者の扶養親族等申告書について記入します。

年金請求書書き方8

印字されている氏名、生年月日、住所、基礎年金番号を確認します。

誤っている場合は、二重線で消して、訂正します。

提出年、提出日、電話番号を記入し、必ず押印します。

控除対象配偶者や扶養親族がある場合、該当箇所に記入します。

但し、勤め先で給与所得者の扶養親族等(異動)申告書に記入した扶養親族等と同一の扶養親族等をこの申告書に記入した場合、重複して所得控除が行われます。

そのため、確定申告で所得税額を納付することになる場合があります。

また、源泉徴収等を要しない年金額の場合(例えば国民年金のみの方)は記入は不要です。

最後に、本人に代わって代理人が手続きを行う場合、委任状を作成します。

年金請求書書き方9

■お問い合わせ先■

どい社会保険労務士事務所

〒650-0024
神戸市中央区海岸通3−1−1 KCCビル4F
TEL:(078)393-8490
特定社会保険労務士 土居 浩三
不在時は転送されますが、電話に出ることが
出来ない場合、留守番電話になります。
恐れ入りますが、
メッセージを残していただければ、
こちらからご連絡させていただきます。

こちらをクリックするとお問い合わせフォームをご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください