振替加算の加算漏れにご注意を!

 

前回、加給年金の過払いについて書きましたが、振替加算の加算漏れにも注意が必要です。

原則、振替加算とは、配偶者加給年金の対象者(厚生年金加入期間または共済組合加入期間20年(中高齢の特例を含む)未満)の方が、65歳になったとき老齢基礎年金に加算されるものです。

但し、配偶者加給年金の対象者が、その配偶者より年上の場合(よくある例としては、夫より妻が年上の場合)、配偶者加給年金が発生するときに、すでに65歳を越えていることがあります。

その場合、夫には配偶者加給年金の加算はないのですが、妻には振替加算が加算されます。

ここで問題なのが、夫に配偶者加給年金が発生していない場合、自動的に妻に振替加算が加算されないのです。

ということは、振替加算を加算するためには手続きが必要となります。

夫が亡くなって遺族年金の手続きをする際、判明することもあります。

もし、加算漏れがあったとしても、さかのぼってもらえるのは5年分です。

ちゃんと、振替加算が加算されていますか?

心当たりのある方は、ご注意ください!(※もちろん夫婦が逆の立場でも起こりえます。)

中高齢の特例

■お問い合わせ先■

どい社会保険労務士事務所

〒650-0024
神戸市中央区海岸通3−1−1 KCCビル4F
TEL:(078)393-8490
特定社会保険労務士 土居 浩三
不在時は転送されますが、電話に出ることが
出来ない場合、留守番電話になります。
恐れ入りますが、
メッセージを残していただければ、
こちらからご連絡させていただきます。

こちらをクリックするとお問い合わせフォームをご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください